ホーム > よくある質問と回答

よくある質問と回答

障害者手帳について教えてください。

障害者手帳とは、障害者として公的に認定を受けると発行され、福祉サービスを利用する際に必要となる手帳です。
障害者手帳には、「身体障害者手帳」、「療育手帳」、「精神障害者保健福祉手帳」の3種類があり、それぞれ障害の程度に応じた等級があります。

身体障害者手帳
身体に障害がある方から(15歳未満の児童については保護者等)の申請により、身体障害者福祉法に基づき交付されます。
視覚、聴覚又は平行機能、音声・言語又はそしゃく機能、肢体不自由、心臓・腎臓・呼吸器・その他政令で定められるもの(膀胱又は直腸・小腸・免疫機能)に障害がある方に交付されます。
障害の程度によって1級から7級までに区分されていますが、7級の障害1つでは、手帳交付の対象となりません。7級の障害が重複して6級以上となる場合には手帳が交付されます。
身体障害者手帳の申請は、福祉事務所が窓口となっていて、手帳交付申請書(写真添付)と指定医師作成の診断書・意見書が必要となります。なお、手帳交付申請書、診断書・意見書の用紙は福祉事務所に置いてあります。

療育手帳
療育手帳は、知的障害のある方、又は、保護者からの申請により、京都市療育手帳交付要綱に基づき交付されます。
障害の程度によりA(重度)及びB(中度、軽度)に区分されています。
療育手帳の申請は、福祉事務所が窓口となっていて、手帳交付申請書(写真添付)が必要となります。なお、手帳交付申請書の用紙は福祉事務所にあります。

精神障害者保健福祉手帳
精神障害者保健福祉手帳は、精神障害のある方、又は、保護者からの申請により、一定の精神障害の状態にあると認められたときに手帳が交付されます。
障害の程度によって、1級から3級までに区分されています。
精神障害者保健福祉手帳には有効期間があるので、2年ごとに更新の申請を行い、判定を受ける必要があります。
精神障害者保健福祉手帳の申請は、保健所・支所が窓口となっていて、交付等申請書と写真、それと、次の【1】又は【2】の書類が必要になります。
【1】 診断書
【2】 障害年金証書等(特別障害給付金受給資格者証を含む)の写し及び障害年金等の受給内容に関する調査の同意書

このページのTOPへ

ホームヘルパーについて教えてください。

ホームヘルパーの仕事は、食事の準備、掃除、洗濯、買物などの生活の支援と、食事、着替え、排泄、入浴などの身体の介助、大きく2つの仕事にわけることができます。
どちらも日常生活を送る上で必要不可欠なことで、そのサポートの方法なども、利用者ひとりひとりでかわってきます。
ホームヘルパーになるには資格を取得する必要があります。資格の取得には試験はなく、養成研修を受けることで修了証書をもらうことができます。
ホームヘルパーには1級から3級の3つの過程があるのですが、どの職場でも、だいたいは2級以上を求められます。

このページのTOPへ